治療院専門の便利屋

実は、私は治療院のスタッフでもあった。人間の医学とか、健康とか、また治療にも興味があったので、ある時期には、いろいろな治療家の先生のところで働いたりもしたのだ。先ほど述べた、N治療院でも整体治療の助手をさせていただいていた。

ところで、治療院には多くの治療器具があるものだが、毎回大勢の患者さんによって使われているうちに、だんだん傷んでくる。電気治療具なども断線したり、部品が磨耗したりと、どこか不良箇所が出てくるものである。それを見つけて一回でも、直したりすると、「そんなに器用なら、これも直せないか」といろいろなものを持ってこられる。 続きを読む 治療院専門の便利屋

治療家は創意工夫が命

お灸の器具を工夫して使っている院長先生の話が出たので、こんどはユニークな鍼治療を行っている院長先生の話もしてみよう。

横浜のO治療院の院長は、それこそ「創意工夫」という言葉が好きで、ユニークな治療器具をこれまでにも幾つか発明してきた。たとえば、耳を掃除する綿棒が取りつけられるモーター内蔵の器具(この器具に綿棒をはめたうえで、綿先の部分を耳に入れて回転させるのだという)や、石鹸を入れるプラスチックケースにタワシが付いているもの(これで体を洗えば、石鹸と一体になっているので便利ということ)などだ。 続きを読む 治療家は創意工夫が命

治療家には発明家の素質もある?

治療家といっても、それには鍼灸師、柔道整復師、マッサージ師、整体師、カイロプラクティック師など(他にも)、いろいろなものがある。

いま、日本では、病院より身近に相談を聞いてもらえることや、じっくり体を診てもらえるということで、こうした治療院に通う人はかなり多い。ちょっとした頭痛や腰痛だけで、病院に行って診てもらうのは気がひけても、治療院なら通いやすいということもあるのかもしれない。それに、最近の治療院では、クイックマッサージをはじめ、もっとエステ感覚に近いアロマテラピーやオイルテラピーなども取り入れるようになってきたので、治療というよりは養生としても、気楽に行けるようになったのだろう。 続きを読む 治療家には発明家の素質もある?

ものを作るのが好きな人、嫌いな人

ものを作るのが好きな人と、そうでない人とがいる。どちらかというと、前者のほうが好奇心旺盛、また積極的で前向きな傾向にもある。だから、ものを作るのが好きな人は、もともと創意工夫にも長け、自らのアイデアを形にすることにも情熱を傾けられるのだろう。

どんな商売においても、その仕事でより繁盛するためには、他の商売がたきと一歩でも、二歩でも差をつけられるような、斬新なアイデアを持つことである。

販売店などを経営する方は、少しでも品物が目立つように、店内を少し凝った陳列にしてみたり、ショ-ウインド-そのものが目立つようにアイデアを凝らしたりと、こうしたちょっとした工夫も大事にする。ほんのちょっとの工夫が売り上げを上げるのに効果的なことを知っているからだ。 続きを読む ものを作るのが好きな人、嫌いな人

アイデアを権利化する