発明アイデアの売り込み文書、その出だしの一例

企業へのアイデア売り込みの手紙について、その書き出しをどうしたらよいのか、これに悩んでいる人も意外と多いようです。

これについては、最初にご挨拶とお願いの気持ちを述べた後、さっそく本題(提案したいアイデアの内容や概観)に入っていくのがよいと思われます。幾つかの書き出し例を、以下に挙げおくことにしましょう。

【一般的には・・・】

拝啓、貴社ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。

突然のお手紙で失礼いたします。私は、〔名前〕と申します。この度、〔提案したいアイデアの分野〕に関するアイデア品(改良品)を考案いたしました。 続きを読む 発明アイデアの売り込み文書、その出だしの一例

企業向けの「アイデア提案書」のフォーム案

以前、私が売り込みの手紙と一緒に、企業に送付していたアイデアの企画提案書には、以下のような項目を設けていました。

「発明の名称」、「出願日」、「発案日」、「試作品の有無」、「試作日」、「知的所有権登録番号」、「商品化時のネーミング案」、「商品の分野」、「スポンサーとの希望契約形態」、「発明者名」、「その職業」、「連絡先」など。

そして各項目には該当事項を記せる空欄を付していました。さらに、それらの項目の下に「新製品企画書」という見出しを設け、そこに「商品名」「発明の構造」「価格」「材料」「発明のセールスポイント(概要)」「従来品との比較」などの項目をつけて、そこにも、それぞれの説明を簡潔に書くための空欄を設けておきました。

そうした様式のものを作って、それを使用していたのです。また、これとは別に「発明品の効用(参考用)」という項目で、B5用紙大の紙面に、発明アイデアのアピール文章を書いたものを、提案先の会社に送ったりもしていました。 続きを読む 企業向けの「アイデア提案書」のフォーム案

売り込みのタイミング、引き際のタイミング〔その3〕

■出願時から売り込んでいても、スポンサー(会社)が見つからないケース

特許の出願時には印紙代など、最低でも2万円ちょっとは掛かりますが、売り込みに成功すれば、その後に掛かる特許手続きの費用は会社が持ってくれるケースもあります(もちろん、そうでないケースもありますが)。

発明の内容を審査してもらう場合には、特許庁に「審査請求料」を払うことになっていますが、これも(特許の確定の前に)発明を採用した会社が負担してくれることがあります。その場合、個人の負担は少なくなります。

「審査請求」は、出願の日から3年以内と決められています。これを過ぎても請求がない場合は、その特許は却下されたものと見做されてしまいます。

ということは、個人発明家にとって、この3年の間は(審査請求料を払わなくて済む)発明を売り込むためのチャンスの期間でもあるのです。出願と同時に売り込み活動を開始すれば、3年近くは売り込みができるというわけです。 続きを読む 売り込みのタイミング、引き際のタイミング〔その3〕

運とツキと干支の性格