アイデア(パテント)の「自主企画・自主製作販売」

■自主企画製作販売

アイデア(パテント)の「企業への売り込み」が芳しくない場合、もう一つの方法として「自主製作販売」という道があります。むしろ、そちらのほうが性にあっている、という人もいるでしょう。

それでいて、かなりの売り上げを上げることができるとしたら、その儲けは(アイデア売り込みによる)「ロイヤルティ収入」の比ではありません。

もちろん、利益が大きくなる分、リスクも高くなります。製造やパッケージ代のコストが掛かるなど、先行投資も必要となります。「ハイリスク・ハイリターン」というわけです。

そこで、最初は少ない投資で小規模に展開していくのが無難でしょう。商品の売れ行きの動向を見極めつつ、ある程度その感触が掴めるようになったら、徐々に規模を大きくしていく、といった展開の仕方です。 続きを読む アイデア(パテント)の「自主企画・自主製作販売」

契約書の作成は、ひな型を参考にすれば難しくはない

発明の売り込みの結果、ある企業から(幸運なことに)「その発明の権利を是非とも使用させてほしい」といった連絡があったとします。あなたは次に、相手企業とその発明に対する、もろもろの取り決めをしなければなりません。

ところで、発明の使用を企業に許可する場合、その方法には大きく分けて下記に示す2つの形態があります。

【専用実施権】一社だけがその発明を専用に実施できる権利。つまり一社独占の契約形態。発明者自らもその発明を実施できなくなる。もちろん、企業からは発明の対価が支払われる。

【通常実施権】一社だけではなく、発明者(出願人)を含め、ほかの企業にも発明を実施する権利が与えられる形態。 続きを読む 契約書の作成は、ひな型を参考にすれば難しくはない

「売り込み反応データ」を作成しておく

売り込みをした会社から送られてきた返事なり資料は、かならずファイルしておくようにします。

今後また、ほかのアイデアを提案するときなどに、そのファイルを活用できるからです。

それに、会社とよい関係を作っていくうえでも、重要な資料になるでしょう。また、次ページで示すような、「売り込み反応データ」を作成しておくと、ひとつのアイデア提案に対する各企業からの反応が、一見して把握できるので便利です。

これは「発送(済み)リスト表」としても使えます。

《売り込み反応データ》(「発送リスト表」としても使える) 続きを読む 「売り込み反応データ」を作成しておく

運とツキと干支の性格