笑顔の効用(笑う顔には福きたる)

笑いもまた人間に特有なものの一つだ。いま、この笑いが医学的にも応用されはじめている。それも、難病や末期癌の患者において、この「笑い(?)療法」は、特によく効くという。しかも、療法といっても、ただ難病患者に漫才や漫談、喜劇を見てもらい、心の底から笑ってもらうだけなのだ。

ところが、患者は漫才を見て大笑いをした後には、決まって免疫力が活性化しているのである。これは、漫才を見てもらう前と後とで、採血をしており、両方の血液成分を比較することで確かめられる。

スポンサーリンク

漫才を見て(聞いて)、お腹の底から笑ってもらった後では、白血球をはじめ、ナチュラルキラー細胞などの数が増えていたり、あるいはその活性度が強まるので、癌の進行が遅れたり(癌細胞が消えることも)、または難病が治癒することもあるというのだ。つまり、笑いは免疫力を強めるということが、医学的にも実証された形だ。

さらに、笑いがこみ上げてくる場合の脳の状態では、神経ネットワークが活性化したり、脳内ホルモン(β-エンドルフィン等)の分泌が旺盛になったりと、脳の健康のためにも好ましいと思われる。だから、脳波の安定化やボケ症状を抑えることにも、笑いは効果があるといえる。特に、大笑いをするときには、それ自体が一つの深呼吸状態なので、脳にはこれ以上はないリフレッシュ法ともなる。

こうしたことが、医学における「笑いの効用」として盛んに取り上げられるようになったのだ。「笑う門には福きたる」とは、よく言ったものである。ところで、私は「笑顔の効用」というものもあると思っている。たとえ、それがつくり笑顔であっても、なんらかの生理的効果があると思うのだ。

つまり、形(表情)から入っても、「笑いの効用」と同じ効果が得られるのではないか、ということだ。ぜんぜんおかしくもないのに、あるいは精神的になんら高揚していないのに、表情を笑顔にするのは、奇異なことと思われるかもしれない。それでも、ムスッとしているよりも、ほがらかな笑顔でいるほうが、物事がうまく運びやすいだろう。そうかといって、単に精神論を述べているわけではない。

逆に、悲しくもないのに悲しい顔をしていると、ほんとうに悲しくなるし、あるいは、怒った顔をし続けていると、そのうち本当に、何か腹が立ってくるものだ。試してもらうとよく分かるだろう。

これは、顔の表情をわざと変えてみても、それが一種の条件反射となって、実際に生理的な作用を引き起こすからなのかもしれない。もちろん、表情を変えることによる心理的作用がまず起きて、それが、二次的に生理的な影響を与えるということもあるだろう。

なんにせよ、笑顔でいることを心掛けるだけで、不思議と世界が違って見えることは確かである。つまらないことでイライラすることはないし(笑顔でいるので、イライラしにくい)、自然とおおらかな気持ちになってくる。一人でゲラゲラ笑うのは勧められないが(気持ち悪いし)、道を歩いているときも、笑顔(微笑み)でいるのはいいことだ。

反対に、道端で綺麗な笑顔をしている人と出会ったりすると、つい「もらい笑顔」になることはないだろうか。反対にしかめっつらをしていたり、ムスッとした顔を見ると、その影響を受けて、何か嫌な気分になることがある。このように、表情は意外と大きな心理的な影響を与えている。特に、赤ちゃんにとって母親の表情は、その後の精神的発育に徹底的に影響することが知られている。そして、ほんとうは我々大人にしても、表情は心理に深い影響を与えたり、与えられたりするものなのだろう。

ちなみに、笑顔をわざとつくらせた後に、採血するという実験もすでに行われたということだ。気持ちとしては笑いたくないのに、無理に笑顔をつくっている状態での採血である。もちろん、笑顔をつくらせる前にも採血はしてあり、その両方の血液成分を比較したわけだ。結果として、笑顔をつくった後に採血した血液成分のほうが、やはり免疫能力は高まっていたという。ただし、このとき、被験者(6人の大学生)には笑顔でいることを2時間続けてもらったというので、それもまた大変だなと思った。

「微笑みを絶やさない」という表現もあるが、ずっと笑顔を続けているのも疲れるだろう。もしかしたらストレスも掛かるのではないか、などと考えてしまう。ちょっと気の毒で笑えない話だ・・・ いや、一応は微笑ましい話だと言っておこう。まさに「笑う顔には福きたる」である。

関連記事(一部広告含む):