発明成金もまずは、一つのアイデアから始まった

発明で成功する人、しない人で紹介してきた「洗濯機の糸くずとり」「ダイエットスリッパ」「ベビーカウボーイ」「乗り換え便利マップ」などの発明者はみな自分たちが感じた不便なこと、不満なものをバネにして、それらを解消するアイデアを発案した。

同時に、彼女らはみな、アマチュア(素人)発明家でもあった。つまり、発明で生計を立てているわけではなく、ご主人の稼ぎが一家を支えている。だいいち、これらの発明品は金儲けを目的として生まれたわけではなく、自分の不便を解消するべきものとして生まれたわけだ。結局は、それが他の多くの人にも便利なもの、斬新なものとして映り、大衆から強く望まれたしだいである。

スポンサーリンク

すると、大衆の購買意欲を感じたメーカー(企業)などが、その発明品を製作したり、販売したりする権利を、発明者から譲ってもらおうとする。そして、企業の新製品担当者は、発明者との間で話し合い、それに応じた使用料を取り決めるわけだ。

やがて、アマチュア発明家の最大の至福のときがおとずれる。ロイヤリティ収入が発明の商品が売れた個数に応じて、定期的に入ってくるようになるのだ。それがヒット商品であるほど、当然ロイヤリティ収入も多くなる。ロイヤリティのパーセンテージは、だいたい製品の卸価格の1.5~3%ほどだが、それでも纏まるとかなりの大金であろう。単価が安くても、ヒット商品の場合は大量に出回るので、それが何億円にもなったりするのだ。

大金をみて、まず当の発明家が驚くことになる。だから、月々の収入も、ご主人が稼いでくる毎月の給料よりも多くなったりもする。それも突然にだ。人によっては、そのお金で別荘を購入することもある。「決して果たせぬ夢と思っていた別荘が手に入った」と喜ぶこともできるのだ。

こうして、発明で一攫千金をつかんだ人は、「発明成金」と呼ばれるようにもなる。個人的には、この呼び方はあまり好きではないが、なんにせよ、大金につながる発明も、最初は一つの小さなアイデアから始まったのだ。

関連記事(一部広告含む):