「特許のプロを味方につける」カテゴリーアーカイブ

まずは信頼できる「特許事務所」を選ぶことから〔その1〕

■今、特許事務所も料金が自由化に

平成13年1月6日の「新弁理士法」の施行にともない、それまでの「弁理士報酬額表」というものが廃止されました。

これは、弁理士に対する報酬の標準額を記した表で、ほとんどの特許事務所はこれを基準として、長い間利用してきたのです。

この廃止により、今後、弁理士に対する報酬は、すべて依頼者と弁理士との合意によって決められることになりました。つまり、具体的な値段は交渉次第ということです。

たしかに、依頼を受ける発明・考案の内容により、その労力や掛かる時間は大幅に異なることが考えられますので、報酬のほうも、それに応じて変わってくるのが当然かと思われます。 続きを読む まずは信頼できる「特許事務所」を選ぶことから〔その1〕

まずは信頼できる「特許事務所ら」を選ぶことから〔その2〕

■たとえ近くにあっても遠い「特許事務所」?

電話帳の広告を見てその中から、相談する特許事務所を選ぼうとしても、どれも同じように見えてしまうことがあります。

知人などから「信頼できる特許事務所」を紹介してもらえる場合はいいとして、それ以外では、やはり自宅や勤務先の近くにあって、比較的通いやすい場所にある事務所を選ぶことになるのでしょうか。

仮に、自宅や勤務先オフィスの近くで探すとして、同じような特許事務所が4つあったとします。その場合も、外観からでは何も分かりません。

やはり、それぞれの事務所を訪れて、一つひとつ話を聞いてみて、その上で選択するのがよいのでしょうか。わざわざ訪れないでも、調べる方法はないのでしょうか。 続きを読む まずは信頼できる「特許事務所ら」を選ぶことから〔その2〕

まずは信頼できる「特許事務所」を選ぶことから〔その3〕

■自宅にいながら「特許事務所」が検索できる便利な時代

実は「弁理士会」のホームページでも、特許事務所や弁理士の情報を検索することができます。取り扱い専門分野別、技術別、また住所別にも、弁理士を探すことが可能です(「弁理士リスト検索システム」)。

それから、弁理士には「弁理士登録番号」というのがあります。これは、弁理士が登録された順番に付けられる番号のことです。

だから、一般的に小さい番号では年輩の弁理士、大きい番号では若い弁理士といった情報もここから分かります。

また、今はほとんどの事務所で、ホームページを出していることが考えられます。だから、気になる特許事務所があれば、その名称などから検索をしていって、その特許事務所に関する詳しい情報を、自宅のパソコン上から調べることもできるのです。 続きを読む まずは信頼できる「特許事務所」を選ぶことから〔その3〕

あなたのすること、プロのすること〔その1〕

■「自分にもできること、自分にはできないこと」

特許事務所に書類の作成と出願を依頼するとして、そのためには、弁理士の先生にあなたのアイデアの内容を、完璧に理解してもらう必要があります。

書類の作成はプロが責任をもって行うとして、あなたには、その内容を正確に伝える責任があるのです。

アイデアの技術内容が正しく理解してもらえるように、アイデアに関する「説明書」や「図面」、それに(試作品など、アイデアが形になっている場合は)「そのアイデアの写真」など、できるだけ多くの関係資料をそろえておくとよいでしょう。

プロはプロとしての役割がありますが、あなたにもあなたの役割があるのです。「あなたの役割」というのは、あなたにしかできないこと、ということです。 続きを読む あなたのすること、プロのすること〔その1〕

あなたのすること、プロのすること〔その2〕

■類似発明の情報を集めておくこと

アイデアの内容によっては、「類似発明」と「先願特許」の調査(先願調査)も必要になってきます。その調査の依頼を受けた弁理士は、過去に出願された発明(考案)の中で、「同じか、あるいは似たような技術の発明がないかどうか」といった調査を進めることになります。

だから、これは「先行技術調査」(※)ともいいます。その結果、依頼された発明(考案)に、特許の登録の可能性があるかどうかを判断するのです。こうした特許調査(先願調査)は、自分(出願人)でもある程度可能です。

今の時代、どこの家庭でもパソコンを持つようになっています。またインターネットもかなり普及しています。

つまり、インターネットを用いた「簡易先願調査」ということです。インターネットで「特許庁」のホームページ上から、「特許電子図書館」という所に入ります。そこでは、公開になった出願案件が閲覧できるようになっています。だから、今は無料で「先願調査」が行える、いい時代だと言えます。 続きを読む あなたのすること、プロのすること〔その2〕

初めての特許事務所、その相談前の心得

■チェック項目(イエス・ノー式):相談に訪れる前の心得と用意すべきもの

1.「自分のアイデアを、的確かつ詳しく説明できるか?」
「YES」「NO」
↓↓
【A】アイデアの詳細を記した少なくとも詳しく説明できるように、文章を作成しておくこと。頭の中を整理しておくこと。できたら【A】へ。

2.「『従来の技術』や『周辺の技術』と比較して説明できるか?」
(自分のアイデアの特徴を挙げられるか?)
「YES」「NO」
↓↓
【B】それらを箇条書きにしたものをそれらの要点をピックアップしておこう。書面として用意しておこう。纏め上げられたら【B】へ。 続きを読む 初めての特許事務所、その相談前の心得

特許事務所から嫌われるタイプ

特許事務所に相談に訪れる人の中には、幾つかの(ちょっと変わった?)タイプがあるようです。それらに共通しているのは、自分の「我」ばかりを、強く押し通そうとする傾向にあること。

あまりにも(変に)変わっていると、依頼人(顧客)であることさえ、拒絶されてしまうでしょう。それらのタイプをザッと挙げてみると、だいたい以下のとおり。

【任せっきりタイプ】

「じゃあ、あとは任せたから、なんとか権利化できるよう、頑張ってくれたまえ」といった感じで、最初にアイデアの概要をほんの少し話しただけで、(簡単な図面や資料は置いていくにしても)その後は「われ関せず」という態度の人。

後日、発明の内容について聞きだそうと、電話を掛けても「もう、書類や図面は渡してあるから、説明することはない」といった調子。 続きを読む 特許事務所から嫌われるタイプ

手続きを依頼する人の心得〔その1〕

■自分自身の口が、災いを招くこと

特許に関わる、諸々の手続きを特許事務所に依頼したとしましょう。これで一安心。あとは、プロである弁理士に任せておけば、万事OK・・・と言いたいのですが、実はそれで安心しきってもいられません。

思わぬことで、突如、特許が受けられなくなってしまう、そんな可能性もあるのです。

まだ出願をする前から、もはや特許とは認められない発明となってしまう、そんなことって、あるのでしょうか。

あるのです。そして、その原因、その災いは、あなた自身の口に、起因していた、ということも、十分に考えられるのです。「口は災いのもと」ということです。 続きを読む 手続きを依頼する人の心得〔その1〕