あなたのすること、プロのすること〔その1〕

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 発明・アイディアへ

■「自分にもできること、自分にはできないこと」

特許事務所に書類の作成と出願を依頼するとして、そのためには、弁理士の先生にあなたのアイデアの内容を、完璧に理解してもらう必要があります。

書類の作成はプロが責任をもって行うとして、あなたには、その内容を正確に伝える責任があるのです。

アイデアの技術内容が正しく理解してもらえるように、アイデアに関する「説明書」や「図面」、それに(試作品など、アイデアが形になっている場合は)「そのアイデアの写真」など、できるだけ多くの関係資料をそろえておくとよいでしょう。

プロはプロとしての役割がありますが、あなたにもあなたの役割があるのです。「あなたの役割」というのは、あなたにしかできないこと、ということです。

スポンサーリンク

そこで、「自分にもできること、自分にはできないこと」、それを分けて考えてみるのもよいかもしれません。

■「従来の技術」と比較しておくこと

まず、あなたの「アイデア」(発明・考案)について、それを「従来の技術」あるいは「周辺の技術」と対比させながら説明できるようにしておくとよいでしょう。

そのためにも、アイデアの「従来技術」や「周辺技術」には、どんなものがあるのか、それをあらかじめ見出しておくと、その後の作業もスムーズにいきます。

また、アイデアの特徴となる部分を、箇条書きの形で書き出しておくとよいでしょう。

弁理士は、あなたからの、そうした説明を聞きながら、その「アイデア」に関係している「技術」を理解しようとします。そして、それを「発明」、もしくは「考案」として組み立てていくわけです。

そのなかで、「あなたのアイデア」をどのようにしたら、もっと広く強い権利にできるのか、そうした具体的なアドバイスもしてくれます。場合によっては、不足のデータを指摘してくれたりもします。

関連記事(一部広告含む):


スポンサードリンク