発明・特許・実用新案!アイデア倶楽部

発明・特許・実用新案の知恵袋

特許・実用新案・意匠・商標についてのザッとした概観

特許法では「発明」のことを、「自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のもの」と定義しています。そして、これには、「物の発明」と「方法の発明」の2つがあります。

では、実用新案法でいう「考案」とは何を意味しているのでしょうか。

実は、これも特許法でいう「発明」とほぼ同じ内容のことを指しているといえます。ただ実用新案法では、「物品の形状・構造またはこれらの組み合わせ」に関するものを対象としていて、その範囲での、いわば小発明のことを「考案」と呼んでいるわけです。

だから「方法」(形にできないもの)については、実用新案法の対象とはなりません。このような違いから、「特許が対象とするものは大発明、実用新案が対象とするものは小発明」などとも言われてきたのです。 [続きを読む…]

保護するアイデアの対象が異なる4つの法律

あなたが自分の発明(アイデア)を権利化しようとする場合、特許の登録を受ける必要があると述べました。

ところで、その発明って、ほんとうに特許が保護の対象とするアイデアなのでしょうか。実はそれを調べてみることも大事になってくるのです。

こういうと、「えー!じゃあ、発明にも種類があるっていうこと?自分の発明は、特許の対象じゃないかもしれないの?」という声が聞こえてきそうです。

だいじょうぶ。これから一緒に調べていきましょう。 [続きを読む…]

アイデアや技術を保護する「特許」という制度

自分が考えた発明や独創的なアイデアが、もし経済的な価値を生み出す可能性があるとしたら、何としてもそれを個人で管理できる権利がほしいと考えることでしょう。

たしかに、「知」(アイデア)は「富」(お金)を生み出します。また新しい経済的価値も生み出せるのです。とくに、今は個人がアイデア一つで大儲けできる時代なのです。

それで、経済的な価値を生み出す「知」の財産権ということで、今この「知的財産権」の重要性が声高に叫ばれているのです。

しかし、「物」の財産とくらべると、「知」の財産のほうは、その管理がとても難しいといえます。 [続きを読む…]

あなたは成功する発明家の資質を備えているか?

【自己チェック項目】(点数式)

★下記の項目の中から、該当する番号をチェックして合計点数を出してみよう。(2:かなり該当する1:「普通」or「たまに」0:全く該当しない)

・「創意工夫するのが好きなほうだ」0.1.2
・「身の周りに不便なことがあると、その解決方法を真剣に考える」0.1.2
・「パズルを解くのが好きだ」0.1.2
・「好奇心旺盛である」0.1.2
・「モノゴトに熱中するほうだ」0.1.2
・「何でも試してみるほうだ(苦労を厭わない)」 0.1.2
・「発明で何か一発当てたいと常日頃考えている」0.1.2 [続きを読む…]

発明・特許長者への道

ところで、これから何か「改良発明」を目指そうとするとき、男性と女性とでは、目を向ける「発明の対象」にも違いがありそうです。

男性の場合は、「特殊な装置や機械」とか、あるいはそうしたものの「技術的な改良」といった、どちらかというと「高度な発明」を、最初から目指しているケースが多く見受けられます。

それに比べて、女性の場合は、「ごく日常的なモノの改良」、つまり「皆が必要としているモノの改良」に目が向けられる傾向にあると言えます。

このように、男性の発明志向(思考)は「専門的・技術的」な傾向にあることから、すぐには大衆から受け入れられにくいのに対して、女性の発明志向(思考)は「大衆的・日常的」なものが多いことから、すぐにも大衆から受け入れられやすい、という違いを生む背景になっています。 [続きを読む…]

「裸のアイデア」では貧弱すぎてお金を生む力がない

普通の主婦が、洗濯機の糸くず取り具を発明したことで、思わぬ大金を手にできたという話をしました。そのロイヤルティ(特許権使用料)の総額は、実に3億円以上にものぼったということです。

まだ糸くず取り具が世の中になかったころ、回っている洗濯機の中に手網を入れて、糸くずをすくうくらいなら、ほかの主婦でもやっていたことかもしれません。

ところが、それではまだ不便を解消したことにはなりません。それを、例の主婦の場合は、網を洗濯機に固定する方法を思いついたのでした。

回っている洗濯機の水槽中ではうず巻き状の水流が起こっており、綿ぼこりや糸くずは固定された網の中に、ろ過されるような形で残るのです。 [続きを読む…]