発明・特許・実用新案!アイデア倶楽部

発明・特許・実用新案の知恵袋

‘アイデアを権利化する’ Category

特許と実用新案、新しいアイデアはどちらに出願したらよい?

 前項で説明した無審査主義の実用新案権も、もともとは審査を必要とされていました。それが、平成6年1月1日をもって、現在のような制度に改められたのです。 実用新案権に無審査の制度が取り入れられたのも、それが発明ほどに高度で […]

実用新案よりも特許で出願する人が増えているのはなぜ?

実用新案の出願件数は、昭和62年まではずっと特許を上回っていたといいます。ところが、その後は出願件数が減り続け、今では特許の出願のほうが上回っているのです。 それは、前項で取り上げた、平成6年度からの新制度採用とも関係し […]

発明の「新規性」と「進歩性」とはどんなものを言うの?

「新規性」とは、特許出願する前に、「同じ内容が公に知られていないこと」を指しています。だから、同じ発明内容がすでに国内で知られていたり、使われていたりしないこと、また、国内および外国で頒布された刊行物に掲載されていないこ […]

特許願には、決められた形式と書き方がある

仮に、あなたのアイデアが新規性と進歩性を伴っているうえ、それが多くの人から欲しがられるような、そして社会にもよい影響をもたらす、そのようなものだとしたら、そのアイデアはぜひとも特許にしておくべきでしょう。 特許にするには […]