発明・特許・実用新案!アイデア倶楽部

発明・特許・実用新案の知恵袋

‘アイデアを権利化する’ Category

「特許」と「実用新案」、それぞれの登録要件を見てみよう

【特許登録の要件】(特許法第29条) 産業上利用することができる発明をした者は、次に掲げる発明を除き、その発明について特許を受けることができる。 1.特許出願前に日本国内又は外国において公然知られた発明 2.特許出願前に […]

「意匠登録」を受けられる物品とは?

意匠の登録には、意匠法第3条の「意匠登録の要件」としての積極的要件を満たし、かつ意匠法第5条の「意匠登録を受けることができない意匠」の消極的要件に該当しないことが必要です。具体的な条件として、下記のものがあります。 1) […]

商標として登録できるもの、できないものを知ろう

「商標」とは、商品につける「ネーミング」や「マーク」のことをいいます。こうした「ネーミング」や「マーク」のすべてが、無条件に商標に登録されることはありません。 商標に登録されるためには、やはり商標の「登録要件」を具備して […]

商標の「不登録事由」のリスト

【商標登録を受けることができない商標】(商標法第3条、4条) (1)その商品又は役務の普通名称を普通に用いられる方法で表示する標章のみからなる商標 (2)その商品又は役務について慣用されている商標 (3) その商品の産地 […]

アイデアは、頭で産んだ、財産権

独創的なアイデアを思いついたら、それがイメージどおりのものであるか、ともかく試作してみることが大事です。同時に、それと同じか、または似たアイデアが製品として、すでに世の中に出ていないか調べてみることも大事になります。 そ […]

アイデアが特許になるまでの流れ

ここでは、近い将来にあなたが生み出すことになる「一つのアイデア」が特許になるまでの流れを、前もって簡単に見ていこうと思います。 まずは何よりも、あなたのアイデアを詳細に記した書面を作成することが必要となります。 これには […]

特許と実用新案、その大きな違いを知っておこう!

〔発明であるか、考案であるかの違い〕 前にも少し説明しましたが、特許権のほうは、自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度なもの、すなわち「発明」を保護対象としています。 それに対して、実用新案権のほうは、自然法則を利 […]

出願すればすぐにも無審査で登録されるようになったわけは?

〔審査には広範囲の調査をともなう〕 前項で見てきたように、特許の審査では、過去に発行された特許の広報書類や、また外国の文献などからも調査が行われます。 だから、調査は広範囲にわたり、それだけ審査の時間も要することになりま […]